カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

EXカウンター

二重カウントはしません

(C)SEGA

お知らせ

TOP絵 星虎 先生
星虎2012
元記事TOP絵 さいとうつかさ 先生
roriko.jpg
↑の時 炉利子ちゃん
炉利子1

更新情報

一番上は広告注意
Powered By 画RSS

つぶやきなう


PSO2公式・非公式

PSO2公式サイト
PSO2_200x200_応援バナー02

PSO2非公式ファンサイトリンク
PSO2ブログ巡回屋


banner2.png

メイプル茨鯖活動

茨Wiki 管理人私

メイプル茨鯖
活動一覧記事
茨鯖1st (弓矢)
茨鯖2nd (英雄)
茨鯖3rd (火毒)
茨鯖3rd:F(氷雷)
茨鯖4th (銃使)
茨鯖余生とBT猫
過去メイプルランキング参加してました。



全リンク集


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタシースターユニバース
9位
アクセスランキングを見る>>

全記事(数)表示

全タイトルを表示

検索フォーム


RSSリンクの表示


ニコニコうp動画

最近のUP

ユーザーページ


予約投稿です




どうも、忍道です。

今回は友人2人と3人で ボーダーランズ プリシークエル をクリアしたのでそれの事を少し。

ボダラン3とか

真面目な考案。

長くなると思うので全追記回

全て個人の主観である ということを頭に入れてお読みください。






まず私自身のボダラン歴

ボダラン
ボーダーランズ1(PS3) 友人と3人で協力プレイ”のみ”(ソロしてない)
レベルカンスト DLC3のエビまで討伐済み。
同じ友人同士で2週してる。
1回目 Roland
2回目 Mordecai
プレイでどちらも基本スナイパーライフルメインだった。

ボーダーランズ2
ボーダーランズ2(PS3) 友人と3人で協力プレイメイン。
3人でDLC4(?)のTRPGまでクリアした。1と比べるとそれほどやりこんでは無いかも?
友人との協力プレイ使用キャラは ゼロ スナイパー関係特化振り
時間を空けて少しソロしたときは ゲイジを使い固有能力つえープレイ

今作 プリシークエル友人3人との協力プレイのみ
使用キャラはニーシャ 相変わらずスナイパー・・・と今作はハンドガンも割と使った。
PTスキルなかったけど本人の性能がハンパなかった。




というわけで、ボダランの新作ということで期待して買った 

ボーダーランズ プリシークエル(PS3)

そもそもボーダーランズというシリーズがどういうゲームかという概要だが

RPGとFPSを合体させたようなゲーム。

FPS(戦争ゲームでよくある1人称のシューティング)でありながら、レベルの概念やスキルの概念があり、さらに武器や防具、アクセサリの類まであるというRPG要素も合わさったゲームである。

プレイヤー側のキャラクターは4人(2はDLCで追加キャラが2人いて6人に)で、それぞれスキルが異なり、同じ武器を持ってもまったく戦い方が変わる。

プレイヤー同士の対戦はほぼ無く、プレイヤーVSNPCという構図になる。

1人~4人までの協力プレイも可能で、協力プレイをすると人数に応じて敵も強くなるが、アイテムのドロップもよくなりレア品も出やすくなる。
(ただし、ボーダーランズ1はオンラインサービスは終了していて、オンラインゲームと押すとフリーズする)

中身は1 2 と話がきちんとつながっていて、今作は2の名悪役 ハンサムジャック側として戦う。

時系列的に 1 今作 2  という形になる。

中身は1から敵も味方も頭がどこか吹っ飛んだようなキャラクターばかりが登場し、パンドラの地に隠された秘密を暴いていく・・・みたいな内容。

1は英語音声日本語字幕だったが、2からは日本語音声が入った。

とにかく濃いキャラが多く、さらに下品な下ネタも非常に多いため、そういうノリが嫌い・・・っていう人にはあまりお勧めはできないが、FPSが好き RPGも好き っていう人ならお勧めできるゲームシリーズである。




今作の2からの変更点・追加点

・O2ゲージ が追加された
⇒言葉通りの酸素ゲージなのだが、今作は宇宙空間で空気が無い所だとこのゲージが少しずつ減っていき、0になるとHPが減って行ってしまう。
⇒また、空中でO2ゲージを消費して空を飛んだり、味方が 戦って生き延びろ! 状態の時に自身のO2ゲージを消費することで通常の蘇生の2倍近い速度で復帰させることもできる
⇒O2ゲージの最大値は新装備の酸素マスクの能力によって上下する。(2のレリック枠で、今作はレリックは無し)
⇒O2ゲージは空気があるところにいけば瞬時に回復する。また敵が一定確率で酸素ボンベを落とすのでそれを拾ってもある程度回復できる。
⇒空気のない空間での戦いでは、敵をヘッドショットしてマスクを破壊すると持続ダメージを与えることができる。


・グラインダーシステム
⇒とあるサブミッションをクリアすることでグラインドできるようになる。
⇒同じレアリティの同じ種類の武器を3つを合成して、1つ上のレアリティにするシステム
例:緑レアの ハンドガン を3つ入れると、一定確率で青レアのハンドガンになる
⇒装備レベルは3つの平均付近になるっぽい。属性や能力はランダム?
⇒また、紫レアまでは、ムーンストーンというアイテム(2でいうイリジウム)を使うと確定でレアリティが1つ上がる。
紫3つのグラインドに関してはこのムーンストーンを利用できない
⇒今までは基本的に売るか倉庫にしまうしかなかったレア品を再利用できるシステムで、属性がついてないがっかり青レア等も有効利用できるようになった。
⇒ただし、ムーンストーンを入れないと割とそこそこの確率で 素晴らしく運がないな君は を味わう


・スラグ属性が無くなり、代わりに氷属性が追加された
⇒一定確率で敵が凍り付く。言葉の通り。
⇒はっきり言って強属性としか言いようがない。詳しくは後述。


・武器としてレーザー兵器 が加わった。
⇒ショットガンタイプやマシンガンタイプなど色々ある。
⇒私はあまり使わなかったのでこの武器種に関しては省略




評価点

・いつものボーダーランズ
⇒敵も味方もやはりぶっ飛んだキャラが多く、いつもの下品な下ネタからいつものしょーもない1発ネタのようなミッションなどいつものノリが楽しめる
⇒2のハンサムジャックがどうしてハンサムジャックになってしまったのかが分かる




不満点

・はっきり言って、2のファンディスク
⇒まずボリューム不足感がハンパじゃない。1・2とやってると特に。
⇒インターフェイス等々も1→2で大幅なリニューアルがあったが、これはまんま2。
⇒タイトルも プリシークエル。3じゃないというね。


・氷属性の強さ
⇒とにかく強い。これがついてればあたりだよなって言ってたレベル。
⇒敵がそのまま凍る、言葉通り。まったく動かなくなる。クリティカルし放題だし攻撃もしてこない。
⇒生身の敵だけなら・・・と思ったらタレットのようなものも凍ってたし、一部のボスも普通に凍ってた。
⇒逆に1.2と生身の敵に大活躍だった炎属性は、酸素がある空間でのみ炎上する という仕様が加わったため相対的に弱体化してた


・後半のO2ゲージの空気感()
⇒前半は酸素ゲージを気にしてー・・・って戦っている場面も多かったが、後半になると ステージ全体が酸素で満ちているという状況が多く、一体何の意味があるんだレベルの要素に。
⇒酸素を消費して味方を高速で復活させることが出来るが、ステージ全部が酸素状態なので、はっきり言えばデメリット無しで高速復活させることが出来るだけ。事実後半は普通の□ボタン復活は一切使ってない。


・どこいっても同じような雰囲気なステージ
⇒舞台が舞台なのである程度しょうがないとは思うが、1や2にあったような特徴的なステージがほとんどなく、なんというか既視感あふれるようなステージしかなかった。




総評

まず、ボダランシリーズを一切触ってないという人に今作から入ることははっきりいってお勧めしない。

友達と協力プレイをやりたい! というなら素直に2を買おう。

1も1作目らしい尖った作品で個人的には3作の中で一番おすすめではあるが、オンラインができなくなってしまった。
逆にソロプレイヤーなら1からやることをお勧めする。話の内容的にも。


1も2も買ってやりこんで、それでも・・・って人にはいいが、本作は本当にファンディスク相当なものなので、あまり過度な期待はしない方が良い。



関連記事

テーマ :ブログ - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |